特に竣工後何年目にやらなければならないという決まりはありません。しかし、住宅金融公庫の定める『優良中古マンション規定』では、建築後20年以内に屋上と外壁の改修工事を実施しているということを融資の条件にしており、このサービスを利用するならば、遅くとも20年以内に工事を実施したいものです。そもそも建物ごとに、出来具合も異なりますし、劣化状況も異なります。環境条件によっては汚れの程度も異なるでしょう。危険な部分、すなわち落下しそうな箇所があったり、廊下やバルコニーからの漏水がある場合は、工事を急がなければなりません。
一方、工事をするためにはお金が必要です。大規模改修工事をしようとすると1住戸あたり50万円~90万円程度はかかります。もちろん、工事項目や戸数あるいは建物の形状によって異なりますが、それにしても大金が必要です。
したがって、工事をどれだけ急ぎたいかという点と、いつまでにどれだけお金がたまるかという点のバランスを考えて工事時期を検討することになります。
あるマンションでは、バランスを検討した上で、実施したい工事を1期工事と2期工事にわけて実施しました。またあるマンションでは、落下物があるという緊急性から一時金を徴収して工事をいそぎました。様々な要素を加味して検討する際には、管理会社や建築コンサルタントの話も参考にしたいものです。
なお、2回目の大規模改修工事をひかえているマンションでは、他の工事の支出額もあわせて長期計画をたてることが必要でしょう。